PDFデータの作成方法

PDFデータを作成される前に
データ作成上の注意点」をご参考に、作成データを弊社サイトの推奨する設定にしていただき、原本データとは別に、弊社サイト用データとして保存した後で、PDF書き出しをしてください。
 
◆PDFファイルを閲覧する「Adobe Reader」(アドビ・リーダー)ではPDFデータは作れません。
◆お客様のPC環境との違いにより、フォントやJIS外文字など組版内容によっては相違点ができる場合があります。特にMacで作成された場合、Adobe Illustratorで文字アウトライン化と、文字埋め込みされたPDFデータ以外では、文字化けが起きる場合もありますので、発注の際に詳細をお知らせ下さい。
◆Macで作られたデータは、ファイル名・フォルダ名を半角英数文字にして下さい。
 

PDFデータを作成されましたら、ご入稿前に
必ず [フォントの埋め込み] をご確認下さい。

フォントの埋め込みがされていないPDFデータは、文字バケの原因や納期の遅れにもなりますので、下記の手順でPDFデータを書き出した後、フォントの埋め込みを確認してからご入稿ください。
「フォントの埋め込み」確認方法 

 

PDFデータの作り方

 Adobe Acrobatを使ったPDF出力・保存
 CubePDF(Windows版フリーウェア)を使ったPDF出力・保存
 PrimoPDF(Windows版フリーウェア)を使ったPDF出力・保存
 Microsoft Office(バージョン2003まで)からのPDF出力・保存
 Microsoft Office2007 ・2010からのPDF出力・保存
 Adobe InDesignCS からのPDF出力・保存
 パーソナル編集長 からのPDF出力・保存


◆ PrimoPDF (プリモPDF)を使ったPDF出力・保存


「PrimoPDF」はフリーウェアのプリンタドライバソフトで、日本語版はエクセルソフト株式会社様が無料提供しています。現在の日本語版バージョンは4.1です。
アプリケーションの「印刷」からプリンター名を「PrimoPDF」に指定して実行し、PDFファイルを出力することができます。
 弊サイトでは、Word2007・Word2010からの場合も、「CubePDF」または「PrimoPDF」で作成されることをお勧めします。
 「PrimoPDF」プリンタードライバ ダウンロードサイト →
  http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/download.html
       
ユーザースマニュアルもあります。ダウンロードし、ご一読下さい。

1.PrimoPDFのインストール後、PDFデータ出力する前に、
一時的にPrimoPDFを「通常使うプリンター」にして、以下のプロパティ設定を行って下さい。

  【PrimoPDF を「通常使うプリンタ」に設定】
  • [スタート]-[コントロールパネル]-[プリンターとFAX]と進み、インストールされたPrimoPDFを選択。マウスの右ボタンで出るメニューから「通常使うプリンタに設定」をクリックする。



  【PrimoPDF 印刷設定】
  • Word、Excelなど各アプリケーションソフトの[ファイル]メニューから[印刷]を選びます。

  • [印刷]ダイアログのプリンタ名で「PrimoPDF」を選び、[プロパティ]を開きます。


  • 「PrimoPDFのプロパティ」ダイアログの[用紙/品質]タブで、色を「白黒」にし、「詳細設定」ボタンをクリックします。


  • [詳細設定オプション]で、以下の項目を赤枠内のとおりに変更する。
     ・グラフィックス-印刷品質:600dpi
     ・TureType フォント:ソフトフォントとしてダウンロード
     ・PostScript 出力オプション:エラーが軽減するよう最適化
     ・TureTypeフォント ダウンロードオプション:アウトライン

    [OK]−[OK]で戻ります。
    注意
    この設定により、Excelでは1ページに印刷される範囲が変わる場合があります。
    [印刷プレビュー]でページのつながりを十分確認して下さい。
    必要なら[改ページ]の[挿入]などで調整しましょう。



2.[印刷]からPrimoPDFを起動しPDFを出力します。

  • [印刷]ダイアログで[OK]すると、PrimoPDFが起動します。
    データのファイル名が、日本語(全角文字)になっている場合、以下のメッセージが出る事があります。 後で名前を付け直せばよいので、[OK]します。
    毎回煩わしければ、[常にこのメッセージを表示する]チェックを外せば次回以降出ません。

     
  • PrimoPDFのメイン画面が表示されたら、出力オプションを[プリプレス]にし、
    [PDFのセキュリティ:なし
    [ファイルの保存先:]で、ファイル名が先ほどの意味のない英数文字列になっていたら、
    右の[…]ボタンをクリックし、保存先を指定し、ファイル名を付け直します。

     
  • PrimoPDFメイン画面に戻り、[PDFの作成]ボタンをクリックして、PDFファイルを出力します。

  • しばらくすると、Adobe ReaderなどのPDFファイル閲覧ソフトが、PDFファイルを表示しますので、図やグラフ、フォントの埋め込みが、正常に書き出されたかをチェックして下さい。
    すべてのPDF出力が済んだら、[プリンターとFAX]で「通常使うプリンター」を元に戻して下さい。


ページトップへ


PDFデータを作成されましたら、ご入稿前に
必ず [フォントの埋め込み] をご確認下さい。

フォントの埋め込みがされていないPDFデータは、文字バケの原因や納期の遅れにもなりますので、下記の手順でPDFデータを書き出した後、フォントの埋め込みを確認してからご入稿ください。
「フォントの埋め込み」確認方法